スパゲッティの代表的なメニュー

スパゲッティはイタリア語で「ひも」という意味があり、パスタの中で日本の麺類の「そば」のような形状のものをスパゲティと呼んでいます。本場イタリアでは、細めのものから太めのものまで何種類もありますし、各家庭で自前のものを作ったりして楽しんでいます。

そんなスパゲティの代表的なメニューがぺペロンチーノでしょう。ニンニク、オリーブオイル、唐辛子というシンプルな素材をフライパンで炒め香りと辛味を出しスパゲッティに絡めるものです。いたってシンプルな料理ですが、シンプルなだけあってスパゲティの麺の味が十分に楽しめます。

その他のおすすめはアラビアータです。これはベースにトマトソースを使いますが、それに唐辛子を利かせ辛めの味付けにしたものです。アラビアータとはイタリア語で「怒り」の意味があり、食べると辛くて怒ったような顔になるというのが語源のようです。

また、本場イタリアで食べられているもので変わったところでは、トマトベースの鍋料理の締めにスパゲティを入れて食べるという料理です。日本で鍋料理にうどんなどを入れて食べるのと同じ発想です。最近では日本でもトマト鍋がはやってきているのでこうした食べ方もおすすめです。


ページの先頭へ